© SHOYO All Rights Reserved.
facebookinstagram
宮田 優香

社員 / 入社1年目

宮田 優香

YUUKA MIYATA
得られたのは収入だけでなく、将来の大きな夢や目標。

覇気のない毎日から脱出するため、兄の勧めで営業職の道へ。

やりたいことなんて何もなくて、惰性で生きている毎日。大好きなディズニーランドで働くことが夢だったけれど、それも高校生のときに達成しちゃったし。のんびり暮らしていければいいかなぁ、くらいの気持ちでした。でも、翔陽で働く兄の姿をみて「私もこういう風になりたい」って思ったんです。仕事の内容は兄から聞いていました。「やる気と気合さえあれば絶対に入社できるし、やっていける」って言われました。営業はおろか人と話すのも苦手な私でしたが、最初は先輩社員の後ろについて教えてもらえるので、徐々に慣れていきました。まだまだ口下手だと言われるんですけど、苦手意識はなくなりました。

目の前の結果にとらわれ過ぎず、その先の目標を見て前向きに。

初めて契約を取ったとき、そして成績が軌道に乗り始めたときは嬉しかったですね。お客様が喜んでくれるのがいい。ディズニー時代も含めて、誰かが喜んでくれるのが好きみたいです。今では自分のアプローチを復習して課題を見つけたり、ほかのスタッフのやりかたを学んで吸収したり。自分らしい営業を研究しています。会社のノウハウに自分の経験値を足していくことで、さらに成長できると思えるようになりました。あとは目の前の結果にこだわり過ぎず、中・長期的な目標を踏まえて取り組むべき、という考え方を知りました。うまくいかないことがあっても、その先の目標を見ればいつも前向きになれます。

翔陽に入ったからこそ「夢や目標」を見つけることができた。

当面の目標は年収800万円。これは兄の過去の実績なので、まずはそれを超えたいと思っています。そして今では拠点長を務めている兄をサポートできればいいなと思っています。稼いだお金で末っ子の私を可愛がってくれた両親や兄弟に恩返しがしたいし、いつかはディスニーランドで結婚式を挙げたいので、その資金も貯めておきたい。入社するまで夢や目標なんて何もなかった私が、今では将来のことをたくさん考えることができるようになりました。明確な目標を持っていなくても、翔陽に入れば考え方がポジティブになって、人それぞれの夢や目標、またはやりたいことを見出すことができるんだと強く実感しています。

インタビュー一覧へ戻るインタビュー一覧へ戻る
ENTRYentry