© SHOYO All Rights Reserved.
facebookinstagram
戸井 快聖

サブリーダー / 入社1年目

戸井 快聖

KAISEI TOI
得意な営業職を活かせば、人生が豊かになることを知った。

やる気と実績。その双方をスピーディーに理解してくれる会社。

16歳で社会に出て、いくつかのアルバイトを経験し、工事現場で働くこともありました。その後、営業職を4年近く経験し、今度は個人事業主の配送業へ。過去の仕事では色々なトラブルを経験しました。貧しい家に育ち、常に働きづめだった私にとって「稼ぎたい」というのは一貫した希望でした。過去の営業職経験から、営業が得意だと自己認識していましたし、やればやるだけ稼げる会社だというところに魅力を感じて翔陽に入社しました。まだ入社して4ヶ月ですが、早くもリーダーになることができました。自分のやる気と実績を、即断即決のスピーディーさを持って評価してくれる会社というのを実感しています。

仕事以外の時間で、どれだけ自己鍛錬できるかが「仕事への覚悟」。

過去の営業職では成績が良かったし、扱う商材が違うだけでやっていることは一緒なので、仕事内容に戸惑いはありませんでした。私にとって仕事は“覚悟”だと思っています。その“覚悟”って言い換えれば“時間”なんですよね。仕事以外でどれだけの時間を割いて、仕事のために「的を得た努力」ができるか。さらに一石二鳥の思考を持つようにもしています。私の場合「二週間ごとに髪の毛をカットしたり、定期的に整体に行ったり、スキンケアしたり」という身だしなみは、仕事と自分の健康に役立ちます。さらには、あらゆるジャンルの本を読むことで、仕事にも人生にも役立つ知識を得ることができます。

あらゆる夢を実現できるだけの土壌が、翔陽には整っている。

翔陽は努力をすればシンプルに稼げる会社だと思います。「自分の得意なことをして生きていけば、必ず人生が豊かになる」という、とある著名人の教えを体現するような職場です。今では年収600万円、そして1000万円と、段階的に目標を設けていて、軌道に乗ったら興味のあるアプリの開発をしてみたい。それと同時に投資にも興味があり、ゆくゆくは不労所得の体制を整えたいと考えています。こうしたシステムを構築することで、安定した暮らしを得ることを目指します。そうすれば、未来に興味を持ったことにも自由に挑むことができると思うんです。それを実現できるだけの土壌が、翔陽には整っています。

インタビュー一覧へ戻るインタビュー一覧へ戻る
ENTRYentry